スーパーマーケット「ロピア」のありえない解雇理由!!

yuu765142か月前

この会社は、神奈川県藤沢市に本社を置いていて東京や神奈川などの関東圏にスーパーマーケットを47店舗出店しています。非常に低価格の食品を提供していて、主婦などによく利用されています。しかし、ロピアはブラック企業大賞2019にノミネートされた企業であるという事実があります。

ノミネートされた要因として、店舗の食肉部門に勤務する男性が商品をレジで精算することなく持ち帰ったところ、会社が警察に通報して懲戒解雇処分としたこと、そしてこの男性の自宅付近の店も含む全店舗において、男性を名指しの上で「窃盗を理由に懲戒解雇した」という掲示を行いました。まるで腫れ物に触れたかのような扱いですよね。

その後、この男性は会計をせずに持ち帰ったのはただの過失であると主張しロピアを提訴しました。判決では、訴えを認め解雇の無効と解雇日から判決までの給料支払いや、掲示による名誉毀損の慰謝料として77万円の支払いを命じられました。さらに、この裁判で男性は名前だけの管理職であることも判明し、未払い残業代約100万円も命じられています。

一体、なぜこのような暴挙をしたのでしょうか。そこには知ることのできない深い理由があったのかもしれません…。

詳細情報は会員のみが閲覧できます。




  • 0

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました